睡眠不足によるニキビ

Posted on By

一日受けたダメージを肌が再生する時間

睡眠不足が重なるとニキビや吹き出物が増えて「お肌がボロボロ…」なんて経験はありませんか?
仕事の残業が重なった時や、忘年会・歓迎会などが重なる時期には必ずと言っていい程、お肌のピンチが訪れるという方も少なくないでしょう。

どうして寝不足が重なるとニキビや湿疹が出来るの?と言うと、身体の疲れが残る事により肌を守っているバリア力が低下したり、肌の再生活動時間に睡眠しない事により修復が行き届かないからです。
人は体調が万全な時は肌のバリアも万全になり、睡眠は肌の再生能力が活発に行われる時間帯でもあります。

「睡眠不足=肉体疲労の蓄積」というイメージが強いですが、肌や目など全身の機能を低下させる原因と言われています。
よって、睡眠不足は美肌や健康を目指す方にとって、絶対に避けて欲しい不摂生のひとつと言えます。

肌に適正な睡眠時間

精神的、肉体的、色んな観点から見て、一番適正な成人の睡眠時間は6~7時間と言われています。
睡眠は疲労回復や骨の修復、肌や疾患部位のダメージを修復する大切な時間で、特に肌を再生し活性させる時間と言われるゴールデンタイムに寝るのが鉄則。
ゴールデンタイムとは夜10時から午前2時までの4時間のことで、一般的に規則正しい生活サイクルの方が睡眠すると著しく肌への機能が行き届く時間帯なのです。

ニキビの原因が睡眠不足と判断したら、このゴールデンタイムを意識して睡眠すると治癒に大きな影響が期待出来ます。
また、ニキビが解消された後もこの時間に寝ることでエイジングケアや美肌ケアなど、広範囲の肌トラブルに効果があるので美肌を保ちたい方は継続する事をお勧めします。
栄養補給も大事ですが肌へのご褒美タイムに睡眠する事も意識して下さいね。
 

睡眠不足にならない工夫を

睡眠が大事なのは理解していても、なかなか思い通りに寝れない…という女性も多いかと思います。
精神的ストレスで眠りが浅い方や、残業や夜勤でゴールデンタイムに就寝するのは困難な方など、色んな理由がありますよね。
ただ、この時間帯の1時間でも30分でも良いので眠りに就くということを心掛けることから始めてみて下さい。

特に精神的に寝れないという方はハーブティーやホットミルクを飲んだり、半身浴で温まるなどの快眠方法を試す事がお勧めです。
深呼吸をし、1日の失敗や不運な事は忘れ、自分に休息を与えるという意識を持つことで自然と眠りが怖くなくなりぐっすり睡眠に導入出来るでしょう。

それでも寝れない方はリラックスして布団に入る事からでも構いません。
心身共にリラックスし、少しずつ肌へのゴールデンタイムというご褒美を与えてみて下さい。

ニキビの原因