おでこのニキビについて

Posted on By

皮脂分泌の多いTゾーンのニキビ

顔の部分にできるニキビの中でも思春期に多くみられるのが額の部分のニキビです。

思春期に入ってホルモン分泌量が増えてくると顔全体の皮脂量が明らかに増加することがわかりますが、中でもとりわけ皮脂量が集中するのがわかるのがTゾーンと言われる額から鼻先までのラインです。

成長期に起こる額のニキビの場合、急激に活発化する皮脂腺のためどんどん分泌される皮脂量に対して毛穴の数が追い付かず、そこに詰まりが生じてニキビになってしまうということが主な原因です。

思春期が終わるといったん皮脂分泌量は落ち着いてくれるのですが、その後も皮脂分泌量を増やすような食生活をしていたり、体内の代謝状態が悪く汗っかきの体質が続いたりすると同じく皮脂のつまりが起こり大人ニキビとしての額ニキビができてしまいます。

また額部分というのはシャンプーやコンディショナーの洗い残しがつきやすく、整髪剤などが流れて皮膚に付着してしまうこともよくあります。

そうした薬品が皮膚に長くついた状態になるのは大変な悪影響になるので、それらが毛穴を詰まらせニキビの原因を作り出すことにもなってしまいます。

おでこニキビを防ぐためにも普段からの洗顔に加え、余計な薬剤が顔についたままにならないように気を付けなければいけません。

洗いすぎやあぶらとり紙の使いすぎにも注意

脂性肌の人にとってはTゾーンの皮脂汚れは非常に深刻です。

そのため普段からアルコール製の顔拭きシートや、あぶらとり紙を持ち歩き細かく顔をぬぐうようにしているということもよく見かけます。

ですがそうした顔の皮脂除去アイテムというのは非常に汚れを取る効率が高く、ちょっと使っただけでかなりの量の皮脂を取り除くことができたりします。

あぶらとり紙をひとぬぐいしただけで色が変わってしまうというほど強い皮脂量の人もいたりしますが、急激に皮脂の量を落としてしまうことは顔の皮膚を守るバリアを一気になくしてしまうことにもなるので、その「あぶらぬぐい」の習慣こそがおでこニキビの原因になったりします。

顔の皮脂を落ち着かせるためには普段からの生活習慣の改善や食生活の見直しの方が有効です。

皮脂を直接落とすのは確かにすっきりするものですが、かといって日に何度もしてしまうというのは逆効果になります。

部位別ニキビ対策法