頬のニキビについて

Posted on By

頬のニキビが発生する理由

頬の部分にニキビは大人になってもなかなか治らず、大きいものが治った後もクレーター状になって残ってしまうことがよくあります。

最近では4Kテレビなど画質が非常によいテレビで番組を見ることができるようになったせいで、有名芸能人でもちょっとアップになったときには頬のニキビをファンデーションで隠しているのがはっきり映ったりします。

頬のニキビは左右対称ではなくどちらかだけにできることが多く、いったんできると癖になって何度も大きなサイズができてしまうことがあるのが特徴です。

頬にニキビができる主な理由としてまず顔の皮膚の乾燥があります。

顔の中でも頬の皮膚は薄く皮脂が分泌されにくいので、混合肌の人は鼻先はてかてかしているのに頬はカサカサなんてこともあったりします。

乾燥した頬では荒れた角質の中にニキビの元になるアクネ菌が繁殖しやすく、一度に数個ができたりします。

寝具の汚れが直接の原因となることがあります

頬ニキビは寝不足やビタミン不足などで体調が崩れることによる肌荒れによって起こりますが、その他にも普段使用している寝具が汚れていることが原因になったりします。

頬は乾燥しやすい部分なので、直接汚れに触れることがあるとそこから雑菌の侵入がされやすくなってしまうのです。

枕や布団など頬に直接触れるものは定期的に日光にあてて干すようにするとともに、定期的に洗って清潔な状態を保つようにしましょう。

部位別ニキビ対策法